労施協 組織 事業計画・報告 関連リンク お問い合わせ

  皆さんこんにちは。平成28年2月に愛媛県老人福祉施設協議会会長に就任させていただきました砥部寿会の菅原哲雄です。平成28年度は、東予地区老施協の賀来会長、中予地区老施協の木戸会長、南予地区老施協の窪田会長の各地区老施協会長に県老施協副会長として補佐していただきながら、今まで以上に本会運営に対して、幅広い協議を行い、行動力のある組織運営に努めて参りたいと考えています。役員会を始め、各部会、委員会の活発な活動を通じて「愛媛県老施協に加入して良かった」との実感できる組織になるよう役員・事務局一同、努力してまいりますで皆さまのご支援と、積極的な各種研修や事業へのご参加をお願いします。

 国は2025年へ向けて「地域包括ケアシステム」の構築を目指し、介護・医療の両面に渡る横断的な施策を次々に打ち出してきています。私たちが運営・経営する社会福祉法人の改革をはじめ、特養、養護、経費・ケアハウス、デイサービス、訪問介護などの安価なサービス価格推進や、軽度者の介護保険からの切り離しと利用者負担の増額等、多くの難題を抱えたまま利用者の介護保険法の精神である「自立支援」を損ねるような施策を押し付けられているのが現状です。

 このような中で、愛媛県老施協は、四国、全国の仲間と連携しながら、サービス提供の現場で働く職員のスキル向上に寄与しながら、更なる介護サービスの専門性向上を目指すと共に、利用者や地域住民から安心と信頼を頂き「人を、生活を支える産業としての介護を、人が羨む職業」となるよう努力する事が求められています。

 そのためには、各種事業において、効率的な運営への努力を行いつつ、職員の働く環境改善、研修体制の充実などにより、実態に即した処遇改善への取組を行っていくことが不可欠であります。

 愛媛県老施協は、公益社団法人全国老人福祉施設協議会と連携しながら、「介護職にとってサービスの質の向上に専念できる介護現場の再構築」と「利用者の立場に立った制度づくり」「住民にとって、地域福祉の拠点として安心、安全を届ける仕組みづくり」という課題に対し、会員施設全体で課題解決に向け取り組んで参りたいと存じますのでよろしくお願いいたします。

 愛媛県老人福祉施設協議会

会長 菅 原 哲 雄

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
Adobe Readerのダウンロードページへ

Copyright(C) 2012EHIME ROUSHIKYO All Rights Reserved.